×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

満足感

  •  奥さんを乳癌で亡くし、62歳で大腸癌の手術をしたが2年後に再発して再手術は無理と診断された人の息子は、
    「親父は小さい頃から私を連れてよく山歩きをしました。山川に親しみ、自然の楽しみ方を教えてくれたんです。手術はできず、もうそう長くは生きられないなら、親父を連れて旅行をしたい」
    と先生に無理を言って父を退院させた。
     息子さんは勤めを辞めてフリーターになった。ライトバンを買って、いつでも寝起きできるように後部座席をベッドに改良し、そのライトバンで月に何回か旅行に出かけた。
    とうとうある日、旅行中の山道で父親の病状が急変した。
    「すぐ、近くの町にある病院を探すから、しっかりして・・・」
    「いや、もういい。病院には連れて行かないでくれ」
     親子でそんな会話が交わされ、死期が近いことが二人には分かった。息子さんは車の窓を開けて、大声で「親父、あれが●●山だ、こっちに見えるのは△△峠だ」と叫んだ。しばらくうなずいていた父親が急に静かになり亡くなった。
    二人で旅している時のお父さんの満足感はとても大きかったと思う。

希望があること

  •  医者にあと三ヶ月の命だといわれた9歳の少年から、キューブラー=ロス博士は、
    「大好きなロス先生。あと一つだけ、聞きたいことがあります。いのちって、なんですか?死ぬって、どういうこと。どうして子供が死ななくちゃいけないの」
     という手紙を受け取った。それに応えて、簡単な言葉で人生を描写した色鮮やかな小冊子を作り上げ、
    「ほんの短いあいだにだけ咲く花もあります、春がきたことを知らせ、希望があることを知らせる花だから、みんなからたいせつにされ、愛される花です。そして、その花は枯れます、でもその花は、やらなければならないことを、ちゃんとやり終えたのです」と言葉を添える。
     またある時先生は、「死は怖いものではない。実のところ、死は人生でもっとも素晴らしい、途方もない経験になりうる。そうなるかどうかは、いま、自分の人生をどう生きているかにかかっている。そして、いまというこの瞬間、大切なことはただひとつ、愛だけである」とも語る。
    「あの世で蝶になるために殻を破って巣立っていくのだ」という話には心が休まる。

脳の不満解消法

  •  人間の脳は、単純に言うと、爬虫類の脳(脳幹)、哺乳類の脳(旧皮質)、人間の脳(新皮質)の三層構造になっている。
    ヘビやトカゲの爬虫類は、基本的には脳幹しか持たず、これによって、食べ、排泄し、種族を保存し、自己防衛本能によって生存してきた。
    犬や猫などの哺乳類は、脳幹の上に旧皮質を重ねた脳で暮らしていて、喜怒哀楽を表現することが出来る。
     人間にはさらにもう一層、新皮質で覆われた脳を持っており、ここが言語や知性、理性、その他の抽象的概念、人間特有の感覚などを司っている。言語や抽象概念を使った人間の活動、社会全体の仕組みや経済システムなどは、すべて人間の新皮質の産物である。
    このため、現代人は、必然的に新皮質ばかり使って暮らすようになる。この新皮質だけに偏重すると、残りの二つの脳が不満を訴え始める。これがストレスを生む原因だという。

     したがって、ストレスを解消しようと思えば、新皮質を休ませてやることである。それには、一人きりになって言語を使用しないことだ。すると新皮質が休憩し、旧皮質や脳幹がしだいに働き出すようになり、脳全体のバランスが取れ感覚が磨かれてくる。
人妻
逆援助
メル友
セフレ
セフレ
童貞
出会い系
セックスフレンド